NEWS

- お知らせ -

2018/09/18 new

第29回 SPレコードコンサートを開催します

★古本と音楽の街 神保町★第29回SPレコードコンサート★

 「マック杉崎の蓄音機ワールド」

   き:平成301021日(日)午後330分開演
                                                         (3時開場・6時頃終演)

と こ ろ:神保町 北沢ビル2階 ブックハウスギャラリー

入場無料 30 名様・・・事前に無料入場券を差し上げます。

開催日の一か月前から受け付けいたします。電話でも、メールでもOK。富士レコード社古書センター9階まで、お気軽にどうぞ。


案 内 人:マック杉崎氏(蓄音機研究者・「世界の蓄音機」監修者)

使用機器:マック氏愛用の様々な蓄音機類

 容:1877年エジソンによって初めて人の声を録音再生する機械が発明されました。それにより我々は今日に至るまで「音を楽しむ」と言う大きな恩恵に浴していると言えます。
 今回は、商品となった最も古い時代のシリンダーやディスクのレコードを当時のオリジナル蓄音機で再生し、1890年代の音の追体験をして頂きます。また、蝋管レコードへの録音実験や、フランスのリオレグラフ(フランス人形の形をしたモノ言う蓄音機)の音もお聴き頂きましょう。
 第2部では日頃余り聴く事の無い曲や演奏家の希少盤、あるいは良くある名曲など、新旧の名演盤をご用意いたしました。どうぞお楽しみに・・・

主催:富士レコード社 神田神保町古書センター9

お問い合わせ電話:03-3264-8546

 更新日2018/09/18

詳細

2018/08/23 new

第28回 SPレコードコンサートを開催します

★古本と音楽の街 神保町★
第28回 SPレコードコンサート

《野澤先生の思い出 その1》
~来日録音レコードと共に~

と    き:平成30年9月23日(日)午後3時30分開演
          (3時開場・6時頃終演)
と こ ろ:神保町 北沢ビル2階 ブックハウスギャラリー
            (古書センターから靖国通りを九段方向へ左側徒歩3分・北沢
            ビル正面左側階段上)

入場無料 先着30名様・・・ご入場には入場券が必要です。事前に無料入場券をお申し込みください。

案 内 人:田中隆雄氏(レコード蒐集家・キッコーマン(株)勤務)

使用機器:英国製ヴィンテージスピーカーによる電気再生でお楽しみいただきます。

内    容:先年急逝された世界的SPレコード研究者のクリストファ・N・野澤氏。先生はヴァイオリンやチェロのSP盤のみならず邦人演奏家や来日演奏家のSP蒐集、研究でも有名でした。その野澤氏の唯一のお弟子さんである田中隆雄氏によるレコードコンサートです。

1回目の今回は、大正から昭和に至るまで、来日した演奏家の残していった原盤を、先生の思い出話とともにお話いただきます。あまり知られていない演奏家の貴重な音源収集がご専門の田中氏ならではのお話しを、皆様と共に楽しみたいと思います

更新日2018/08/23

詳細

2018/04/24

第26回SPコンサートは終了いたしました

たくさんの皆様のご来場をありがとうございました

20
世紀最高のトリオ《コルトー、ティボー、カザルス》

             ~第1回 トリオ誕生の軌跡~

 

   き:平成30617日(日)午後330分開演
         (3時開場・6時頃終演)

と こ ろ:神保町 北沢ビル2階 ブックハウスギャラリー
           (古書センターから靖国通りを九段方向へ左側徒歩3
              北沢ビル正面左側階段上)

入場無料 先着30名様・・・事前に無料入場券を差し上げます。

 

       案 内 人: 桑原威夫 氏(在日フランス大使館勤務)
                     新 忠篤 氏(オーディオ・レコード研究家)

       使 用 機 器:
                    1929年英国製 手捲卓上型蓄音機 EMG MARK

                    1934年英国製 スピーカー Voigt 使用による電気再生

                     新氏設計、桑原氏製作によるアンプ類を使用

 内      容: 人気、実力ともにすでにトップクラスだった三人がトリオを結成し、1906525日にパリで初めてピアノ三重奏曲を披露した。時にコルトー28歳、ティボー25歳、カザルス29歳。出身も経歴もまったく異なる三人を結びつけたのは、室内楽、テニス、そして社交界だった・・・
2014年にフランスで刊行された最新の研究本をひもときながら、当時から奇跡と評された「トリオ」の黎明期をレコード音源とともに再訪します。
今回は録音年代に合わせて、蓄音機と電気再生の両方でSPレコードをお楽しみいただきます。

 

主催:富士レコード社 神田神保町古書センター9

         お問い合わせ電話:03-3264-8546

        Emailinfo@fuji-recordsha.co.jp

 

詳細

2018/01/16

第23回SPレコードコンサートは終了しました

第23回SPレコードコンサートは終了しました
大勢の皆様のご来場を感謝申し上げます

《人気のヴァイオリニストたちを聴く》

 と   き:平成30年2月11日(日)午後3時30分開演   
                                      (3時開場・6時頃終演)

と こ ろ:神保町 北沢ビル2階 ブックハウスギャラリー
                (古書センターから九段方向左側徒歩3分
                   北沢ビル正面左側階段上)

入場無料 先着30名様・・・事前に無料入場券を差し上げます。

★電話でもメールでもOK。富士レコード社古書センター9階へお申込みください。


●案 内 人:三浦 武氏 (予備校講師、小林秀雄研究家)

●使用蓄音機:1927年 英国製 手捲蓄音機 HMV 194

 米国製「クレデンザ」の木製ホーンと同型でありながら、オール金属製のホーンを有する大型蓄音機。「クレデンザ」とはまた違う音質を持つ人気機種です。

●内       容: 今回開催場所を変更して最初の案内人としてご登場いただくのは「三人会」でおなじみの三浦武氏。名盤珍盤コレクターとしても名高い氏の秘蔵盤の中から、ウィーンフィルの弦の音としてロゼを、ロゼとの因縁でクライスラーを、クライスラーの楽器を使ったハッシドを・・・と、まだまだ何が飛び出すかわからないお楽しみです。

「三人会」での持ち時間不足のうっぷんをここぞとばかりにご披露していただきます。乞うご期待。

 

主催:富士レコード社 神田神保町古書センター9階

お問い合わせ電話:03-3264-8546 
Email
Info@fuji-recordsha.co.jp


更新日2018/01/16

詳細

1 2 3 >