ITEM

- 取扱商品 -

手捲蓄音機が入荷しています

日本ビクター ビクトローラ VV 1-90

昭和2年頃
サウンドボックスは米国キャムデン製が付属
(WDH51×47×36㎝)

¥216,000(込)
電気録音時代の卓上型の名機で、今でも一番人気のある機種。名機「クレデンザ」とも共通するオーソフォニック・サウンドボックス付き。12インチ・ターンテーブルで、1丁ゼンマイ。オートストッパー、速度微調整機能が装備され、木製のホーンから出る音は実に「クレデンザ」のミニタイプ的音質を持ちます。
それは何といっても、ホーンの構造にあり、水平に2分割して、さらに2度折り曲げられて開口部に至るというリエントラント型だからです。
初期には完成品をアメリカから輸入、のちに日本製の材料で生産されました。この設計をまねて、1-80や1-50ほか、様々なタイプが作られました。
英国Grammophon
HMV ポータブル手巻蓄音機 102

1929年製
サウンド・ボックス5A付
(WDH 30×42×15㎝)
¥108,000(込)
青色のレザークロス張りのトランク型。持ち運ぶ10数枚のレコードを重ねて置けるホルダーを、収納時ターンテーブル上に置くタイプ。
10インチターンテーブル、1本ゼンマイ、金属製ホーン、オートストッパー付き。外観カラーは黒のほか、赤、青、緑、茶、グレイ、ベージュなどがあります。サウンドボックスは5Aが付属し、元気の良い音が楽しめます。
英国DECCA
ポータブル手捲蓄音機 MODEL 66

1930年代頃
サウンド・ボックス No.3付
¥54,000(込)
珍しい英国デッカ社のポータブル。デッカ特有の円形反射板ではないホーン部の内蔵型。
速度微調整レバー付きでクランク棒は前面に装備。外観は赤とベージュの明るい感覚。ポータブルらしい大きな音がします。
英国Grammophon
HMV Bijou Grand 145型

1929年 オーク材
サウンド・ボックス No.5A付
(WDH45×43×88㎝)
¥270,000(込)
卓上型の名機HMV130に、レコードキャビネットと脚を付けた小型のフロアタイプ。
書斎の机の脇などに置いて楽しむにはもってこいの使い勝手です。
サウンドボックスはHMV No.5Aが付き、12インチターンテーブルは2丁ゼンマイで駆動します。
金属製ストレートホーンらしい明瞭なメリハリのある音がします。

前のページへ戻る