第15回SPレコードコンサートは終了しました


電気再生によるSPレコード・コンサート=開催

と  き:12月11日(日)午後3時30分開演(3時開場)約2時間
と こ ろ:神田古書センター7階(3時以前は入場できません)

【音楽をすることと、生きること~演奏に託した思いとは】

案 内 人:大原哲夫氏(編集者・現代美術アート作家)
     新忠篤氏(オーディオ研究家)
使用機器:スピーカー:ヴォイト・ドメスティックコーナーホーン
     ア ン プ :連続可変型マルチ・フォノイコライザー付
           直熱3極管UX-112Aシングルアンプ(新氏製作)

内  容:世界最初のモーツァルトの録音を初め、クライスラー、シゲティ、ティボーなどの演奏は
     温かくも厳しい、実に精神的な人間味溢れる音楽でした。
     そして彼らが活躍した時代はまた、戦争の時代でもありました。
     そんな演奏家たちにとって、音楽をするということは、どのように生きるかということでもあったのです。
     クライスラーの音楽が今でも心にひびき、なぜ現代の演奏はそうではないのか・・・
     いろいろあった年の暮れに、モーツァルトの深い哀しみと限りない愛をもつ音楽を中心に
     皆さんとともに少し考え、大いに聴いていきましょう。


お問合わせは下記アドレスもしくはお電話にてどうぞ

info@fuji-recordsha.co.jp
TEL 03-3264-8546


主催:富士レコード社

2016/11/12
2016/12/11

一覧へ戻る