第113回 中古レコードWINTERフェアは終了しました


第113回 中古レコードWINTERフェアは終了しました。大勢の皆様のご来場を感謝申し上げます。ありがとうございます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
と き:2016年11月26日(土)~12月5日(月)【10日間・無休】 10:00am~7:00pm

ところ:神保町 古書センター9階 富士レコード社 

年に3回古書センター9階 富士レコード社で行っている名物催事です。1900年代始めのラッパ吹込みSP盤から1920年代、30年代、40年代の電気録音の名盤や稀少盤、そして1950年代以降のアナログLP、EPレコードまでお求めやすい価格でご提供します。

マニアの方も、これからアナログをやってみようという方も是非ご来場ください。一同心よりお待ち申し上げます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
写真中央)今回ポスターに使用したレーベルは、
ベルンハルト・デッソウのヴァイオリンでショパンのノクターン、自作のロマンスです。
デッソウ(1861-1923)はヨアヒムやヴィエニアフスキにも師事したドイツのヴァイオリン奏者。グリュンフェルト等と組んだピアノトリオの録音もあります。この盤は1907年、1908年にベルリンで吹き込んだ、再発の両面盤です。裏と表のレーベルデザインが違います。写真は竪琴をつま弾く美女が描かれていますが、裏面は地味です。ちなみにデッソウはのちに音楽院の教授になったそうですが、その時の教え子に若き学生のマレーネ・ディートリッヒがいたとか・・・へえーっ。

独オデオン X51000 ショパン作曲 夜想曲 作品9-2、X51999 デッソウ自作 ロマンス の裏表 ¥20,000(税込)

11月26日催し初日から古書センター9階で販売します。

★なお今回の催しの一部出品SP盤リストは11月21日㊊頃できます。ご興味のある方はメールまたはお電話でご請求ください。

2016/11/12
2016/12/06

一覧へ戻る