第13回 SPレコードコンサートは終了しました


第13回SPレコードコンサートは終了しました。

写真中央)当日の第1部のプログラムです。全23曲に、熱のこもった解説でおまけの番外レコードも含め予定時間を30分もこえてしまったコンサートでした。チャンスがあればまた開催したいと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『SP盤でラテン・ミュージックを楽しむ』

と き:平成28年9月25日(日)午後3時30分開演
(3時開場・6時頃終演)
と こ ろ:神田古書センター7階「イベントスペース・ほんのまち」

入場無料 50名様・・・事前に無料入場券を差し上げます。
富士レコード社古書センター9階へお申込みください。

案 内 人:田中勝則氏(ポピュラー音楽評論家)

使用蓄音機:米国1926年製手巻蓄音機ヴィクトローラ「クレデンザ」

内  容:弊社主催のレコードコンサート初のオールポピュラープログラム。
ご案内は、ポピュラーミュージックの評論活動からライナーの執筆、CDやイベントの企画制作まで、マルチな活躍をされている田中勝則氏にお願いしました。氏の活動のルーツとなる「ラテン音楽」を、蓄音機で楽しもうというコンサートです。

キューバからプエルト・リコ、メキシコ、ブラジル、アルゼンチン(タンゴやフォルクローレも)、さらにはボリビアやチリ、パラグァイなどなど。ラテン音楽のすべてを幅広く、SP盤で聴いていく・・・これは、ありそうで無かったコンサートです。
是非お楽しみに。



主催:富士レコード社 古書センター9階店

2016/08/26
2016/09/26

一覧へ戻る